14)日本の洋画黎明期の画家たち その22 萬鉄五郎

その22 萬鉄五郎

萬鉄五郎(1885年ー1927年)は現在の岩手県和賀郡東和町で生まれた。 幼少期には日本画を学びましたが、ついで水彩画に興味を持つようになります。 1903年(明治36年)中学入学のため上京、在学中に白馬会洋画研究所で学びました。 中学時代より萬は禅宗の寺で参禅するようになり、卒業後の1906年、布教活動のための禅宗の一団 に加わって、半年間アメリカに渡ります。 帰国後は東京美術学校西洋画科に入学、在学中からアブサント会を結成するなど意欲的な活動を行います。 1912年(明治45年)萬は美術学校の卒業制作として「裸体美人」を完成させます。 この裸体美人は鮮やかな色彩で平面的に描かれ、日本のフォーヴィズムの先駆的な作品といわれています。 この美術学校卒業の年、萬は斉藤与里、岸田劉生らとともにフュウザン会を結成。 この会は後期印象派やフォーヴィズムに興味を持った若い画家たちの集団でした。 1914年(大正3年)、このころからキュビズムに通じる、面によって構成された作品を描くように なりました。 萬は生涯を通じて多くの自画像を制作しました。代表作の1つ「雲のある自画像」はフュウザン会時代に 描かれた作品です。左右の赤と緑の雲が思索的な暗示を与えているかのようです。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その21 高村光太郎

その21 高村光太郎

高村光太郎(1883年(明治16年)-1956年(昭和31年))は日本を代表する、彫刻家であり、 画家であった。が今日にあっては「道程」「智恵子抄」等の詩集が著名で、教科書にも多く作品が掲載され ており、日本文学史上、近現代を代表する詩人として位置づけられる。 しかし高村光太郎はパリからの留学から帰った後、1912年(明治45年)に駒沢にアトリエを建て、 岸田劉生らと結成した第1回ヒュウザン会展に油絵を出品するなど、明治大正にかけて日本の洋画界の 一角を成していた洋画家である。 フュウザン会の発起人は斉藤与里、岸田劉生、清宮彬、高村光太郎など。活動期間は短いが日本で初めて 表現主義的な美術運動として、先駆的な意義を持つ。他にも木村荘八、萬鉄五郎、バーナードリーチら。 ポスト印象派、フォービズムの影響が見られる。斉藤与里と岸田劉生の主張が食い違ったため、2回の 展覧会を開いたのみで解散した。   高村光太郎は1897年(明治30年)東京美術学校彫刻科に入学。文学にも関心を寄せ、在学中に 与謝野鉄幹の新誌社の同人となり、明星に寄稿している。1902年に彫刻科を卒業し研究科に進むが 1905年(明治38年)に西洋画科に移った。 岸田劉生らと洋画界で活躍しているころ、1914年(大正3年)詩集道程を出版。長沼智恵子と結婚。 1929年(昭和4年)に智恵子の実家が破産、このころから智恵子の健康状態が悪くなり、のちに 統合失調症を発病し1938年(昭和13年)に智恵子と死別。 その後1941年(昭和16年)に詩集「知恵子抄」を出版した。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その20 青木繁

その20 青木繁

青木繁(1882年ー1911年)は日本の明治期の洋画家である。 明治期日本絵画のロマン主義的傾向を代表する画家であり、代表作「海の幸」は明治期洋画の記念碑的作品 と評されている。若くして日本美術史上に残る有名作を次々と描きあげた一方で、世間的な成功に恵まれず 放蕩生活の末、満28歳の若さで没した。 短命だったこともあり、残された作品の数は決して多くはない。 青木繁は今の福岡県久留米市に旧有馬藩士である青木廉吾の長男として生まれた。 同じ久留米生まれの洋画家坂本繁二郎とは同年で小学校の同級生でもあり、終生、親友であり、ライバルで あった。 青木は1899年(明治32年)満16歳の時に中学校の学業を放棄して単身上京。画塾不同舎にはいって 主宰者小山正太郎に師事した。 1900年(明治33年)東京美術学校西洋画科選科に入学、黒田清輝から指導を受ける。 1903年(明治36年)に白馬会8回展に出品した神話画稿は白馬会賞を受賞した。 古事記を愛読していた青木の作品には古代神話をモチーフにしたものが多く、題材、画風ともにラファエル 前派などの19世紀イギリス絵画の影響が見られる。 1907年(明治40年)郷里の父の危篤の知らせを聞いた青木は単身帰郷、これが青木と家族との永遠の 別れとなった。郷里の家族とも別れて天草、佐賀など転々とする放浪生活に入った。 1911年(明治44年)入院先の福岡市の病院で死去、満28歳8ヶ月の若さであった。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その19 坂本繁二郎

その19 坂本繁二郎

坂本繁二郎は明治15年(1882年)に旧久留米藩士の次男として生まれました、(1969年(昭和44年)没) 幼いころから絵の虫と呼ばれいた繁二郎は、10歳のときに洋画家の森三美が主催する画塾に入門。 繁二郎の絵は評判となり、神童と呼ばれるようになった。 転機が訪れたのは20歳のとき、小学校の代用教員として図画を教えていた繁二郎の元に、東京の美術学校に進学 していた青木繁が一時帰郷でやってきた。 青木の絵に驚いた繁二郎は絵の勉強のため青木とともに上京。洋画家の小山正太郎の画塾に入門。 画家への道を歩み始める。 坂本にとって青木は無二の親友であるとともに、終生その存在を意識せざるをえないライバルであった。 そして30歳の時に描いたうすれ日が出世作となり、夏目漱石に称賛される。 39歳の時にフランスに絵画修行のため留学。 留学から戻って、福岡県八女にアトリエを建て、ここを終の住処と決めます。 そこで50歳の時に繁二郎の生涯のモチーフとなる馬と出合います。 のびのびと自由に生きる馬たちの姿が、繁二郎を魅了したのです。 八女に移り住んで初めて描いた馬の絵が「放牧三馬」です。 繁二郎は、馬という美しい生き物と共に、独自の光の世界を追い求めていきます。 この独自の表現は、ヨーロッパと日本の鐘の音の違いからヒントを得たといいます。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その18 熊谷守一

その18 熊谷守一

熊谷守一(1880年(明治13年)-1977年(昭和52年))は日本の美術史においてフォービズム の画家と位置づけられている。しかし作風は徐徐にシンプルになり、晩年は抽象絵画に接近した。 富裕層の出身であるが、極度の芸術家気質で貧乏生活を送り、二科展に出品を続け、画壇の仙人と呼ばれた。 守一は機械紡績を営む事業化で地主の熊谷孫六郎(初代岐阜市長)の三男として岐阜県恵那郡付知(現 中津川市付知町)に生まれ、子供時代から絵を好んだ。 1897年(明治30年)慶応義塾普通科に入学するが1年で中退。1899年(明治32年)召集。 1900年(明治33年)東京美術学校に入学。同級生に青木繁、山下新太郎らがいる。 1906年(明治39年)樺太調査隊に参加してスケッチを行う。 1909年(明治42年)第3回文展で自画像蝋燭が入賞。 1915年(大正4年)第2回二科展に出展、以後毎年出品。 1922年(大正11年)42歳で大江秀子と結婚、5人の子供に恵まれたが絵が描けず貧乏が続いた。 1932年(昭和7年)池袋モンパルナスと称される地域の近くに家を建て、残りの生涯をこの家と15坪 の小さな庭からほとんど出ずに家族、猫、鳥と過ごす。 1947年(昭和22年)二紀会創立に参加。1951年(昭和26年)二紀会退会、無所属作家となる。 守一は写実画から出発し、表現主義的な画風を好み、やがて洋画の世界で熊谷様式といわれる独特な様式 極端なまでに単純化された形、それらを囲む輪郭線、平面的な構成を持った抽象度の高い具象画スタイル を確立した。 岐阜県中津川市と東京都豊島区に熊谷守一美術館がある。

14)日本の洋画黎明期の画家たち その17 藤島武二

その17 藤島武二

藤島武二は鹿児島市の薩摩藩士の家に生まれた。(1867年(慶応3年)-1943年(昭和18年)) 明治末から昭和期にかけて活躍した洋画家である。 明治から昭和前半まで、日本の洋画壇において長らく指導的な役割を果たしてきた。 ロマン主義的な作風の作品を多く残している。 最初は四条派の画家や川端玉章に日本画を学ぶが、のち24歳のとき、洋画に転向。 1896年黒田清輝の推薦で東京美術学校(現東京芸大)助教授に推され、以後没するまで同校で後進の 指導にあたった。 1905年(明治38年)文部省から4年間の留学を命じられ渡欧、フランス、イタリアで学ぶ。 帰国後教授に就任。 黒田が主宰する白馬会にも参加。 白馬会展には1896年(明治29年)の第1回展から出品を続け、1911年の白馬会解散後も文展や 帝展の重鎮として活躍した。 1902年に天平の面影を発表、明治ロマン主義の色濃い作品を次々に発表しました。 ヨーロッパ留学中はコルモン、カロリュス、デュランに指導を受けますが、同時に新しい思潮も吸収しました。 特にイタリア滞在中はのびのびした筆致で油絵具の特質を生かした人物画、風景画を多く残しました。 20年代前半はイタリアルネッサンス風の横顔の女性像を描き、西洋と東洋の融合を追及しています。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その16 岡田三郎助

その16 岡田三郎助

岡田三郎助は1869年佐賀藩士の子として佐賀県佐賀市で生まれました。1939年没。 岡田は幼少のころ、父とともに上京、旧藩主の邸内で暮らします。 彼はその時に、同じ佐賀県出身の外交官で洋画家でもある百武兼行の油絵を見る機会にめぐまれました。 百武の作品に影響を受けた彼は画家を志すようになりました。 画塾で学んだのちの1894年(明治27年)、同郷の画家久米桂一郎が岡田を黒田清輝に紹介します。 黒田は前年、外光派の技法を身に付けてフランスから帰国したばかり。それまで伝統的な絵画技法しか 知らなかった岡田にとって、黒田たちとの出合いは大きな転機となりました。 1896年(明治29年)岡田は黒田、久米、藤島武二らとともに白馬会を創立。 翌年岡田は文部留学生としてフランス留学に出発。黒田も学んだラファエル、コランの画塾に入り、 勉強を重ねました。 1902年(明治35年)帰国後は藤島とともに東京美術学校の教授として、若い画家たちを指導、 岡田、藤島の教えは、その後の日本洋画のアカデミズムの主流を形成していくのに大きな役割を果たした のです。 岡田の代表作として、つづみを持った日本髪の女性を描いた婦人像がよく知られています。 この作品のイメージは三越呉服店のポスターや切手に使用されています。 もう1つ代表作イタリアの少女はフランス留学中に描かれた作品です。パステルの筆あとに、少女の 肌のやわらかさを表現しようとした画家の努力がうかがえます。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その15 黒田清輝

その15 黒田清輝

黒田清輝は1866年(慶応2年)鹿児島薩摩藩士黒田清兼の子として生まれる。明治40年(1902年)没。 1893年(明治26年)27歳の洋画家黒田清輝は9年にわたるフランス留学を終えて帰国した。 法律家を志して渡仏しながら、絵に興味を抱くようになり、画家へ志望を転向。外光派の画家ラファエルコラン に師事し、アカデミックな絵画教育を受ける。 黒田を迎えて、日本の洋画界は大きな変化を遂げていくこととなる。 それまでは」明治9年開校の工部美術学校でイタリア人画家フォンタネージが指導したバルビゾン派風の作品が 主流であった。そこへ黒田は変化する光と大気の微妙な様を描き分ける、明るい色調の外光派風の作品を もたらした。この画風は新派、紫派と称され、たちまち人々の心をとらえていった。 また、黒田は西洋美術の伝統に基づいて、人体を描くことを重視、裸体デッサンを絵画制作の基礎として定着 させていく。明治29年東京美術学校に新設された西洋画科の指導を託されると、解剖学と実際の裸体モデル を使った人体デッサンを教育課程に組み入れた。 黒田が人体研究を重視したのは、構想画を絵画の最高位に位置づけたからである。 そのころ西洋ではポーズ等によって特定の意味や概念を象徴する人物像を組み合わせて神話や歴史、あるいは 愛や勇気などの主題を表す絵画が最も格が高いとされていた。 黒田もその価値観に従い、帰国後まもなく主題やモチーフを日本に求めた構想画として、昔語り、智、感、情 等を試みている。 明治31年東京美術学校西洋画科教授就任、同40年開設の文展のために尽力、 大正2年国民美術協会会頭、同9年貴族院議員となった。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その14 浅井忠

その14 浅井忠

パリの南東に位置するバルビゾン村の風景や農村を描いたバルビゾン派の画家たち。 その代表的な画家であるミレーが、名作落穂拾いを描いたのは1857年のこと。それからほぼ20年後 の1876年、武家に生まれた男がその作品を目にします。その作品がその男に大きな感動を与え、 日本の洋画の世界に夜明けをもたらしました。 日本のミレーといわれた男が1890年に描いた、浅井忠作「収穫」 描かれているのはどこにもあるような普通の田舎の風景。この絵が描かれた当時、日本の洋画界には ようやく日が当たり始めた頃でした。 浅井忠は黒田清輝とともに日本近代洋画界の先駆者と呼ばれ、その存在がなければ、日本の洋画の歴史は 確実に遅れていたと言われています。 浅井の傑作である収穫の陰には、浅井が生涯の師と仰いだアントニオ、フォンタネージの存在がありました。 1876年58歳の時に日本にやってきた彼はバルビゾン派の流れを汲む風景画家でした。 日本の美術学校に教師としてやってきました。 浅井忠は1856年江戸の佐倉藩中屋敷で藩の要職を務める父のもとに生まれました。1902年没。 1876年明治政府は外国人教師を招いて工部美術学校を創立しました。 浅井忠がその第1期生として入学したのは20歳の時でした。ここでフォンタネージから洋画の基礎を 徹底的に学びました。 1889年上野に東京美術学校が創設されたが岡倉天心らの強い主張で西洋画科は置かれませんでした。 浅井はこれに対抗して自らが中心となって80人の会員で明治美術会を結成。その年に第1回展覧会を 開催しました。 1896年政府は東京美術学校に洋画科を復活させ、浅井自身が教授となり、その後2年間のフランス留学 を経て、京都に移り住み、梅原龍三郎、安井曾太郎など、のちの日本洋画界を担う逸材を育てました。

 

 

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その13 渡辺幽香

その13 渡辺幽香

渡辺幽香は1856年(安政3年)江戸久留米藩邸内で生まれる。1942年(昭和17年)没。 洋画家(洋風画家)。父は五姓田芳柳、兄に五姓田義松がいる。 本名勇子、明治15年頃から幽香を号とする。 明治9年(1876年)同門の渡辺文三郎と結婚。渡辺幽香を名乗る、 父親の工房で兄義松から洋画を学び、、明治10年(1877年)第1回内国勧業博覧会に油絵「人物図」 「野州霧降滝図」を出品し褒状を受ける。明治23年(1890年)の第3回内国勧業博覧会でも 「五姓田芳柳像」で褒状を受ける。 肖像画を多く描いたが、明治17,8年ころから版画に興味をもち、銅板師松田緑山に学んだ後、ビゴー風 (ジョルジュ、フェルディナン、ビゴー フランス人の画家、漫画家。明治時代の日本で17年間にわたり 活動を行い、当時の世相を伝える多くの絵を残したことで知られる)の西洋人好みの日本風俗を描いた 版画集「大日本帝国古今風俗陰漫稿」(石版、1886年)を緑山のもとで制作、外国人向けに販売する。 その後も日本の風俗を描いた「大日本風俗漫画や「日本かがみ」などを発表する。 又、長年華族女学校の画学教師を努めた。 1893年、シカゴ万国博覧会に「幼児図」を発表した。臼に縛りつけられながらも蜻蛉を採ろうと這い出す。 したたかな表情の赤子はこれから世界の舞台へ押し出そうとする新興国日本をくしくも象徴している。 代表作は犬吠崎海岸は東京国立博物館に、五姓田芳柳像は東京藝術大学に、幼児図は横浜美術館に、それぞれ 所蔵されている。

新着