9)色々なマチエール その5 マチエールをジェッソで作る

モチーフに合わせて、ジェッソでマチエールを作ることが可能です。
ジェッソは現代的な地塗り材です。油絵に最も適しており、又相性もよい。
画材屋で簡単に入手出来、多くの種類があります。ごく一般的な下地処理材でしょう。
ジェッソは地塗りに適し密着性が高く固着力があり発色、なじみ、色沈みがありません。
ジェッソは下地塗りの画材としては幅広く使えます。
キャンバスやボード以外にも、板や紙、石やコンクリート、金属、ガラスなどにも対応可能です。
ジェッソは速乾性ですので指触乾燥までの時間が非常に早い。従来のファンデーションやオイル
カラープライマーと比較するとよく分かります。
このジェッソを使って砂や石を混ぜ込むことや、布などをキャンバス等に貼り込むコラージュ
技法がジェッソの強い糊効果によって、極めて効果的なマチエールができます。
又、平らなマチエールが欲しいときはキャンバスの目や板の目をフラットタイプで仕上げます。
さらに平滑面に仕上げる場合はフラットタイプに水を加えて流動性を与えて仕上げます。
そしてサンドペーパーで磨き上げます。
ジェッソを使っての表現手法(他にも色々あります)
ジェッソの硬練りでナイフエッジを使う
ジェッソの硬練りで筆跡を残す
ジェッソの硬練りで布や小石を貼り付ける
ジェッソの硬練りで砂を混ぜてざらつきのある絵肌にする
ジェッソの硬練りで櫛目を付ける
ジェッソの硬塗りでローラーで模様をつける
などなど。

2014年5月2日 9)色々なマチエール その5 マチエールをジェッソで作る はコメントを受け付けていません。 色々なマチエール