14)日本の洋画黎明期の画家たち その9 山本芳翠

その9 山本芳翠

山本芳翠は嘉永3年(1850年)美濃恵那郡明智村(現在の岐阜県恵那市)で農業と養蚕を営む 山本権六の長男として生まれる。明治時代の日本の洋画家である。 明治39年(1906年)没。 既に10歳頃から絵が好きで、絵を見れば手当たり次第に模写したと本人が回想している。 慶応元年(1865年)15歳の時北斎漫画に啓発されて画家を志す。 始めは京都で久保田雪江に南画を学ぶ。その後横浜で五姓田芳柳の門に入り、南画から洋画に転向。 五姓田芳柳の次男義松がチャールズワーグマンに絵を習っており、芳翠もこれに同行して西洋画に 触れる。 明治6年(1873年)末には東京に移り、肖像画で一家を成すまでになった。 1876年(明治9年)工部美術学校に入学し、アントニオフォンタネージの指導を受ける。 同年第1回内国勧業博覧会に勾当内侍月詠図を出品、花紋賞受賞、宮内庁買い上げとなる。 1876年(明治11年)フランスに留学、エコールデボザールでジェロームに絵画技法を学ぶ。 ここに日本から来た黒田清輝もいたが、黒田は法律家志望であったが、芳翠の強い勧めで洋画家に 転向させる。 1887年(明治20年)に帰国。版画家合田清とともに画塾生巧館を主宰、湯浅一郎、藤島武二、 白滝幾之助、北蓮蔵などを育てる。 1889年(明治22年)松岡寿、浅井忠、小山正太郎、原田直次郎らと明治美術界を設立。 1894年(明治27年)黒田清輝が帰国すると、芳翠は画塾生巧館を黒田に譲る。黒田は画塾を 天真道場と改めた。 明治29年に明治美術界を脱退して、黒田が結成した白馬会に参加したが、晩年は演劇や歌劇に おける洋風舞台装置の制作を行った。

2014年6月25日 14)日本の洋画黎明期の画家たち その9 山本芳翠 はコメントを受け付けていません。 新着