14)日本の洋画黎明期の画家たち その46 小山敬三

その46 小山敬三

小山敬三(1897年ー1987年)は昭和期の洋画家です。 フランス人と国際結婚したことでも知られている。 衆議院議員、初代小諸市長を勤めた小山邦太郎は兄。 小山敬三は小山久左衛門の三男として小諸に生まれ、慶応大学予科に入学。父は小諸城下の豪商、商家。 1916年(大正5年)父の反対を押し切り、画家になるため慶応大学を中退、川端画学校で藤島武二に師事。 1920年島崎藤村のすすめで渡仏。アカデミーコラロッシでシャルルゲランに油絵を学ぶ。 1928年帰国、神奈川県茅ヶ崎にアトリエを構える。 1936年(昭和11年)有島生馬、山下新太郎らと一水会を結成。 1958年日本芸術院賞受賞。 1960年日本芸術院会員。 1970年文化功労者。 1975年(昭和50年)文化勲章受賞。 長野県小諸市に小諸市立小山敬三美術館があります。 小諸市出身の小山敬三の個人美術館です。小山敬三が建築家村野藤吾に設計依頼した建物と所蔵作品を小諸市 に寄贈して、1975年に開館しました。館に隣接して、旧居宅兼アトリエが移築されて、記念館として 公開されています。 1985年(昭和45年)私財2億円を寄贈し小山敬三美術振興財団を設立、中堅の洋画家を対象にした 小山敬三賞の授与と油彩画修復技術家の留学奨励を行った(2006年解散)

2014年7月18日 14)日本の洋画黎明期の画家たち その46 小山敬三 はコメントを受け付けていません。 新着