14)日本の洋画黎明期の画家たち その35 小磯良平

その35小磯良平

小磯良平(1903年ー1988年)は昭和期に活躍した洋画家です。肖像画、特に群像を多く手がけた。 親しみやすい女性像を中心としながら、西洋絵画の伝統の中に、市民的でモダンな感覚と気品あふれる画風を 完成した画家でした。 1903年貿易に携わっていた岸上家の8人兄弟姉妹の次男として、神戸市中山手通りに生まれる。 兵庫県立第二神戸中学校から東京美術学校西洋画科に進み、猪熊弦一郎、岡田謙蔵、荻須高徳らと共に学ぶ。 在学中に兄妹が帝展入選(1925年)、T嬢の像(1926年)帝展特選を果たす。 首席で卒業後1928年、フランスに留学。 ルーブル美術館のパオロヴェロネーゼ作「カナの婚礼」に衝撃を受け、群像表現を極めることを生涯のテーマ とする。 1936年帰国後、新制作派協会の結成に加わる。 1938年から1年間藤田嗣治らとともに陸軍省嘱託で従軍画家として中国に渡り、帰国後戦争画を制作した。 1941年に群像画の傑作「娘子関を征く」と「斉唱」を発表。 戦後は東京芸大教授などを努めて、後進の指導にあたった。 1942年 第1回芸術院賞受賞             1979年     文化功労賞
1982年 日本芸術院会員
1983年 文化勲章受賞
兵庫県内に2つの小磯良平個人美術館がある。
兵庫県立美術館小磯良平記念室
神戸市立小磯記念美術館

2014年7月14日 14)日本の洋画黎明期の画家たち その35 小磯良平 はコメントを受け付けていません。 新着