14)日本の洋画黎明期の画家たち その48 猪熊弦一郎

その48 猪熊弦一郎

猪熊弦一郎(1902年ー1993年)は昭和期の洋画家です。 新制作協会創立会員。 丸亀市の猪熊弦一郎現代美術館に彼の作品が常設展示されている。 建築家丹下健三が設計した香川県庁舎の壁画は弦一郎作。 1902年高松市で生まれる。丸亀市に転居。旧制丸亀中学校卒業後、東京美術学校洋画科に入学。 藤島武二に師事。 1926年「婦人像」で帝展初入選。その後「座像」で特選。無鑑査となる。 1936年帝展改組をきっかけに小磯良平、脇田和らと新制作派協会を設立。 1938年渡仏、アンリマティスの指導を受ける。自らの画風を模索するが、なかなかマティスの影響から 抜け出せなかった。 1940年第2次世界大戦勃発、避難船白山丸で帰国。 終戦後、田園調布純粋美術研究室を発足させ、後進の指導にあたる。 1955年活動の拠点をニューヨークに移し、マークロスコ、イサムノグチなど様々な著名人と交友関係 を持つ。 1973年脳血栓で倒れて、ニューヨークを離れ、1975年から温暖なハワイで冬を過ごし、創作活動 を続けた。 1980年勲三等瑞宝章を受章。 1993年 祝90祭猪熊弦一郎展で第34回毎日美術賞を受賞する。 1993年急逝。享年90歳。

2014年7月19日 14)日本の洋画黎明期の画家たち その48 猪熊弦一郎 はコメントを受け付けていません。 新着