初歩のスケッチ その1 スケッチブックを持って外に出よう

皆さんは今までに色々な観光地に行かれたことでしょう。そしてたくさんの感動があったでしょう。
そんな時、まずはカメラで写し撮ります。その風景を背景にして記念写真です。
しかし、ちょっと横を向きますと、小さなスケッチブックに一生懸命、その風景をスケッチしている人がいます。
それを見て、自分も絵がかけたらいいなー、と思いませんでしたか。
そうです。これが絵を描く、スケッチする原点です。スタートです。
自分には絵を描く素養はない、と思ってあきらめている人が大部分です。
風景を見て感動した経験のある人でしたら誰でもできます。この感動が大事です。感動がなければ何も進めません。
又絵を描こうと思って構えてしまって形から入ろうとすると、なかなか描けません。
いい風景だな、好きな風景だな、気持ちいいな、落ち着く風景だな、感動の風景だな。こんな心の琴線に触れる場所。
こんな場所があったら迷わずスケッチブックをポケットから出して描きとめましょう。
カメラも写しておきましょう。
どんな風景をどのようにして描くかは後半で述べますが、まずはどんな描き方でもいいです。自由に好きなように
描きましょう。
風景には基礎として遠近法や、構図のとり方、などがありますが、いずれ通っていく道です。
まずは自由に描いて楽しさを味わうことの方が先です。
ただ風景を見て、何に感動したかを、よく対象を見て突き詰めてください。言葉に表してみてください。
なんとなく感動したでは絵になりません。じっとよく見ますと、やがて分かってきます。
しかし最初からは難しいかもしれません、そんな時は対象を絞ってみましょう、描く範囲をぐっと縮小するのです。
川が流れ、木々がいっぱいある風景の場合はほんの数本の木だけに範囲を縮小する。という具合です。
上手い、下手はどうでもよろしい。最初からなかなか上手ですね、なんて言われたいとは思わぬことです。

2014年2月18日 初歩のスケッチ その1 スケッチブックを持って外に出よう はコメントを受け付けていません。 初歩のスケッチ