14)日本の洋画黎明期の画家たち その32 佐伯祐三

その32 佐伯祐三

佐伯祐三(1898年ー1928年)は大正ー昭和初期の洋画家です。 1898年(明治31年)大阪市北区中津の光徳寺の次男として生まれた。 佐伯は画家としての短い活動期間の大部分をパリで過ごし、フランスで客死した。 作品はパリの街角、店先などを独特の荒荒しいタッチで描いたものが多く、風景画にはモチーフとして 文字の登場が多い。街角のポスター、看板、などの文字を造形要素の一部として取り入れている点が 特徴的である。 1917年(大正6年)東京の小石川にあった川端画学校に入り、藤島武二に師事する。 1918年に東京美術学校西洋画科に入学して引き続き藤島武二に師事。1923年卒業。 なを在学中に結婚した佐伯の妻(旧姓池田)も絵を描き、二科展で入選している。 佐伯はその後、満30歳で死去するまでの6年足らずの画家生活の間、2回パリに滞在し、代表作の多くは パリで描かれている。 1926年に一旦日本に帰国、パリの友人である前田寛治、里見勝蔵、小島善太郎らと1930年協会を 結成。 2回目の渡仏は1927年から、しかしその後ふたたび日本の土を踏むことはなかった。 佐伯は旺盛に制作を続けていたが、1928年持病の結核が悪化、精神面でも不安定となり、精神病院に 入院。一切の食事を拒み、同年死去した。 代表作郵便配達夫は大阪市立近代美術館に所蔵されている。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その31 木村荘八

その31木村荘八

木村荘八(1893年ー1958年)は東京府出身の洋画家、版画家です。 牛鍋チェーン店いろはを創立した木村荘平の八男として、東京日本橋のいろは第8支店にて生まれました。 父の死後、浅草のいろはの帳場を担当しながら美術家を志しました。 旧制京華中学校の頃から学校にはほとんど行かず、芝居見物と放蕩に熱中していたという。 旧制中学卒業後、1911年白馬会葵橋洋画研究所に入学。 1912年岸田劉生と知り合い、ヒューザン会の結成に参加。1915年劉生たちと共に草土社を結成。 1922年まで毎回出品。 1918年から二科展や院展洋画部にも出品。院展出品作「二本潅木」が高山樗牛賞受賞。 1922年春陽会創立に客員として参加。1924年春陽会会員。1928年パンの会を発表。 1937年永井荷風の代表作?東綺譚で挿絵を担当、他にも大仏次郎の時代小説など多くの挿絵を描く。 新派の喜多村緑郎を囲み、里見弴、大仏次郎、久保田万太郎等と集まりを持っていた。 1945年頃 加藤潤二の加藤版画研究所から新版画といわれる木版画「猫の銭湯」を発表。 晩年となった戦後は文明開化期からの東京の風俗考証に関する著作東京の風俗、現代風俗帖など多数出版。 多忙のため病気の発見が遅れ、短期で悪化して病没した。 歿後刊行の東京繁昌記日本芸術院恩賜賞を受賞した。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その30 岸田劉生

その30 岸田劉生

岸田劉生(1891年ー1929年)は大正ー昭和初期の洋画家です。 父親は実業家、ジャーナリストの岸田吟香。 1891年(明治24年)東京銀座に生まれる。 1908年(明治41年)東京赤坂にあった白馬会葵橋洋画研究所に入り、黒田清輝に師事した。 1910年(明治43年)文展に2点の作品が入選。 1911年白樺主催の美術展がきっかけで、バーナードリーチと知り合い、武者小路実篤ら白樺周辺の 文化人とも知り合うようになった。劉生自身の図書、初期肉筆浮世絵、図画教育論などがある。 1912年高村光太郎、萬鉄五郎らと、ヒューザン会を結成。第1回ヒューザン会展には14点出品。 これが画壇への本格的なデビューといえる。 1915年(大正4年)現代の美術社主催第1回美術展(2回目以降は草土社展)に出品。 草土社のメンバーは木村荘八、清宮彬、中川一政、らであった。 第2回草土社展に出品された「切り通し写生(道路と土手と塀)」は劉生の風景画の代表作。 1917年(大正6年)結核を疑われ、友人武者小路実篤の住んでいた神奈川県藤沢鴿沼の貸し別荘に療養の ため居住。 1918年頃から、娘の岸田麗子の肖像画を描くようになる。 この鴿沼に劉生を慕って草土社の椿貞夫や横堀角次郎も住むようになり、中川一政は岸田家の食客であった。 関東大震災で自宅が倒壊し、京都に転居、後に鎌倉に居住。劉生の京都移住に伴い、草土社は自然解散に なったが、劉生を含め多くのメンバーは春陽会に活動の場を写した。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その29 国吉康雄

その29 国吉康雄

国吉康雄(1889年ー1953年)は日本の洋画家で岡山市の生まれです。 1904年に岡山県立工業高校の染料科に入学したが、1906年に退学。カナダ経由でアメリカに渡った。 目的は英語の習得とされている。当時日本人のアメリカ移民が流行していたという時代の背景もある。 17歳で単身渡米した国吉は当初は機関車の洗車やビルの床掃除など、生活で手一杯でした。 ロスの公立学校で教師に勧められてデザイン学校に入学。 その後ニューヨークに渡って本格的に絵を勉強します。 国吉は幸いなことに、アートステユーデンツリーグの学生時代にパトロンと出合い、さまざまな援助を受けます。 1922年、33歳の時、ニューヨークで開いた初個展が批評家たちから高い評価を得て、注目を集めるように なりました。 学生時代に、印象派や後期印象派などの画風を学んでいた国吉の作品に、まるい顔の特徴的な人物画が見られる ようになるのは1920年のこと、キュビズムとアメリカのフォークアートがイメージの源泉です。 国吉の絶頂期は1930年代から40年代にかけてです。カラフルなサーカスの絵を盛んに描いていたのは このころです。 1952年にアメリカでアジア系移民の市民権獲得が可能になりましたが、残念ながら翌年64歳で死去しま した。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その28 安井曾太郎

その28 安井曾太郎

安井曾太郎(1888年ー1955年)は大正から昭和期にかけての洋画家です。 1888年(明治21年)京都市中京区の木綿問屋の五男として生まれる。 1898年(明治31年)京都市立商業学校に入学するが、1903年に中退して絵の道へ進む。 1904年(明治37年)聖護院洋画研究所(関西美術院)に入る。浅井忠、鹿子木孟朗に師事。同時期に 梅原龍三郎らもここで学んでいた。 1907年(明治40年)渡欧。フランスではアカデミージュリアンに学ぶ。7年間滞在。 1914年(大正3年)帰国 1915年(大正4年)第2回二科展に滞欧作品44点を出品、二科会会員に推挙。 1930年(昭和5年)あたりから安井独自の日本的油彩画の様式が確立し、第2次世界大戦前後を通じて 梅原龍三郎とともに昭和期を代表する洋画家とされる。 1935年(昭和10年)帝国美術院会員となる。そのためもともと文展に対抗して組織され、在野の立場 を貫く二科会の方針から、安井は同会を離れざるをえなかった。 1936年(昭和11年)石井伯亭、有島生馬、山下新太郎らと一水会を結成。安井は生涯、同会の委員を 努めた。戦後の文芸春秋の表紙画を担当した。 1944年(昭和19年)東京美術学校教授。 1952年(昭和27年)文化勲章受賞。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その27 梅原龍三郎

その27 梅原龍三郎

梅原龍三郎(1888年ー1986年)は京都市下京区の染物問屋に生まれる。 1914年(大正3年)までは名を良三郎と言った。 日本の洋画家で、画風は華やかな色と豪快なタッチが特徴とされ、自由奔放と評されていた、 第2次世界大戦前から昭和の末期まで長年にわたって日本洋画界の重鎮として君臨した。 京都府立第2中学校を中退して、聖護院洋画研究所(関西美術院)に入る。主催していた浅井忠に師事。 1908年(明治41年)渡仏。ルノアールに薫陶を受ける。パリに滞在してアカデミージュリアンに 通った。 1913年(大正2年)に帰国。白樺社主催の個展 梅原良三郎油絵展覧会を開催。 翌年、文展に不満のある進歩的な洋画家たちが作った団体二科会創立に加わり、1922年には春陽会設立 にも参加している。 1925年土田麦僊の招きで国画創立協会に合流し、1928年(昭和3年)第二部国画会を起こし、 その中心となって後進の指導にあたった。 1935年 帝国美術院会員 1937年 帝国芸術院会員(日本芸術院)1957年辞任 1944年 東京美術学校教授 1952年 ベネチアビエンナーレ国際審査員、文化勲章受賞 風景画が主体で、華やかな色彩の中に東洋絵画の特色を生かした重厚な作風で知られ、独自の画風を確立 した。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その26 黒田重太郎

その26 黒田重太郎

黒田重太郎(1887年ー1970年)は滋賀県大津市に生まれ、明治37年 17歳の時に京都に出て 鹿子木孟朗の門に入り翌年開設された聖護院洋画研究所に入所します。39年には浅井忠の内弟子となり 関西美術院に学んでいます。 鹿子木孟朗(かのこぎたけしろう)は明治39年浅井忠らと関西美術院を創立のちに院長となり関西画壇 を指導した人物。 明治44,45年、黒猫会、仮面会を結成し、新しい芸術運動を展開し、大正7年に渡仏。翌8年の 第6回二科展にピサロの影響を示す作品を発表して二科賞を受賞。 10年には再び渡仏、あんどれロートの写実的キュービズムの共鳴して、帰国後の第10回二科展でその 成果を発表しました。 その後も二科展で活動しますが昭和18年に退会し、戦後の22年に正宗得三郎、鍋井克之らと二紀会を 結成し、死去するまで活動の中心となりました。 一方、大正13年には信濃橋洋画研究所を昭和12年には全関西洋画研究所を開設するなど、関西洋画壇 の育成に尽力した。 昭和22年からは京都市立美術専門学校で教鞭をとり、25年以降は京都市立美術大学の教授として38年 に退職するまで後進の指導に情熱を注ぎました。 さらに美術関係の著書も多く残し、美術史研究においても優れた業績を残しています。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その25 中村彝

その25 中村彝

中村彝(つね)は明治20年 5人兄弟の末っ子として茨城県水戸市に生まれました。大正13年没。 1歳の誕生日を迎える前に父を亡くした彝は陸軍軍人であった長男 直を父代わりとし、その影響を受けて 軍人を目指します。名古屋陸軍地方幼年学校に入学しスパルタ教育に耐え無事卒業、そして東京の陸軍中央 幼年学校に進学します。しかしその直後に肺結核と診断され、退校を余儀なくされ、失意のどん底に 突き落とされました。 そんな彝に救いの手を差し延べたのが絵画でした。以前から絵を描くことに興味を持っていた彝は療養 しながら絵を描くようになります。 画業に励む決意を固めた彝は白馬会洋画研究所で本格的に学び始めます。 美術学校在学中には中原悌三郎、鶴田吾郎らと知り合い切磋琢磨。 明治42年第3回文展で「巌」「曇れる日」が入選、巌は褒状を受賞、44年の文展で三等賞を得る。 同年彝は新宿中村屋裏のアトリエに移ります。 アトリエで制作に熱中するあまり食事もろくにとらなかった彝を心配して相馬夫妻が食卓に招き、家族の 一員のように扱います。前記の文展で三等賞を取った人物画はこの相馬家の長女 俊子をモデルにしたもの です。しかし相馬夫婦は2人の仲を心配して次第に互いに接近することを妨げるようになります。 彝の恋は実らず、彼の短い生涯で最大の悲劇となりました。 以後、色々な土地を転々として、最終的に下落合のアトリエに落ち着きます。 傷心の彝は自炊生活や制作の疲れもあって、喀血が続きます。 友人から紹介された盲目の詩人ワシリーエロシェンコの像を友人と一緒に描き始め、作品は第2回帝展に 出品され、彝の作品は明治以降の油絵の肖像画中最高傑作と評されました。 その後も精力的に自画像や家政婦岡崎キイをモデルに描きましたが、大正13年、結核のため永眠します。 37歳という短い生涯でした。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その24 清水登之

その24 清水登之

清水登之は1887年(明治20年)栃木県下都賀郡(現在の栃木市)に生まれました。1945年没 幼いころから、画家になることに憧れをいだきつつ、はじめは軍人になることを志します。 くしくも士官学校への受験に失敗したことから、画家になること夢を実現するため、登之はまず、アメリカへ 渡ります。最初の5年間はワシントン州ワッバトの農園などで、ひたすら汗して働き、資金をためるという 生活でした。その後に移り住んだシアトルでは厳しい労働を続けながら、フォッコタダマという人物の画塾に 通います。5年にわたるシアトルでの生活の中で、登之は次第に画家としての頭角をあらわし始めます。 その後、ニューヨークへと生活の拠点を移します。 ニューヨークではデザインの仕事をしながら自由で先鋭な校風で知られるアートスチューデントリーグに 通いました。この学校には国吉康雄、石垣栄太郎、北川民治といった画家も通っていました。 夜間クラスを受け持っていたジョンスローンとの出合いは登之にとって決定的な意味を持つものでした。 スローンは都市に暮らす普通の人々のありのままの暮らしこそ目をむけるべきだとするアメリカンシーン派 を代表する画家の1人です。師スローンの影響から登之もまた市井の人々の暮らしをユーモアとともに 描きだすことになります。 一時結婚のため帰国した後、再渡米翌年の1921年に第34回アメリカ絵画彫刻展に横浜夜景が招待出品。 一旦受賞が決まったもののアメリカ人でなかったため取り消しとなる。 1924年一家でパリに移住。三宅克己、藤田嗣治、海老原喜之助、清水多嘉示らパリ在住の画家たちと 交わりながら、サロンドートンヌで入選を果たす。 1927年に帰国。東京を拠点に活動し、1930年の第17回二科展で地に憩ふにより二科賞受賞。 その後は独立美術協会の結成に加わる。 1932年ころは従軍画家となり戦争を題材とした絵を多く描いている。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その23 藤田嗣治

その23 藤田嗣治

藤田嗣治(1886年ー1968年)レオナルド、フジタは東京都出身の画家、彫刻家。 現在においても、フランスにおいて最も有名な日本人画家(晩年にフランスに帰化)である。 猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の乳白色の肌と呼ばれた裸婦像などは 西洋画壇の絶賛を浴びた。エコールドパリ(パリ派)の代表的な画家である。 エコール、ド、パリとは20世紀前半 パリのモンマルトルやモンパルナスに集まり、ボヘミアン的な生活 をしていた画家たち、1920年代を中心にパリで活動し出身国も画風もさまざまな画家たちの総称。 1886年(明治19年)現在の東京都新宿区新小川町の陸軍軍医の家に生まれた藤田嗣治は、父の上司 だった森鴎外の勧めも有り東京美術学校西洋画科に入学。当時主流であった明るい外光派風の洋画に あきたらず、1913年、26歳のときにフランスに渡ります。 パリのモンパルナスに住んだ藤田嗣治はピカソやヴァンドンゲン、モディリアーニらエコールドパリの画家 たちと交流しました。 彼らに刺激され、独自のスタイルを追及するなかで、日本や東洋の絵画の支持体である紙や絹の優美な質感 を、油絵で表現しようと思いつきます。手製のなめらかなキャンバスの上に、面相筆と墨で細い輪郭線を引き 繊細な陰影を施した裸婦像は絶賛されました。 1919年にはサロンドトンヌに出品した6点の油絵が全て入選、ただちに会員に推挙されるなど、パリで 大人気となりました。 1929年、凱旋帰国展のため16年ぶりに一時帰国、1933年以降は日本を活動拠点とします。 日中戦争が始まると祖国への貢献を願い戦争画の制作に没頭しますが、戦後は画壇から戦争協力者として 批判を浴び、その責任を取る形で、日本を離れます。 再びパリで暮らし始め、日本には戻らないと決め、1955年にフランス国籍を取得。 1959年 72歳のときにカトリックの洗礼を受け、レオナールという洗礼名を与えられています。

新着