14)日本の洋画黎明期の画家たち その42 鍋井克之

その42 鍋井克之

鍋井克之(1888年ー1969年)は大阪府出身の洋画家。 東京美術学校卒。1915年「秋の連山」で二科賞。 フランスなどに留学後、1933年に二科会会員。 1924年小出楢重、黒田重太郎らと大阪に信濃洋画研究所を設立。大阪の美術界を盛り上げていこうと思い 結成されたもので、単に実技だけでなく理論も徹底して組み合わせた新しい教育方法で美術界に貢献しました。 1947年二紀会の結成に参加。 1950年芸術院賞受賞。 1964年浪速芸術大学教授に就任。 鍋井の描く作品の多くは風景画です。生涯をかけて風景画の本質を追求し、日本全国を廻って様々な芸術品 を描き続けます。 特に注目したい作品は紀伊半島の風景画です。現役の頃の鍋井は明るく聡明な紀伊半島の風景を非常に 気に入っており、数多くの風景画を制作しています。その中の「海辺の断崖」は、特に雄大で荒々しい岩肌 と穏やかに佇む海面のコントラストが印象に残る作品になっています。 一方、鍋井は挿絵などにも手を広げ、この分野でもその多彩な才能で活躍しています。 自らの生まれた土地である大阪を愛し、さらに大阪から発信すう芸術文化を日本に広めようと高い指導力 と行動力で示した鍋井克之。彼の功績は日本美術界にとって、とても大きなものでした。

新着

41)日本の洋画黎明期の画家たち その41 有島生馬

その41 有島生馬

有島生馬(1882年(明治15年)-1974年(昭和49年))は横浜市出身の画家です。有島武郎の弟、里見弴の兄。 東京外国語学校卒業。藤島武二に師事し洋画を学ぶ。 少年時代からの友人であった志賀直哉や児島喜久雄らとともに「白樺」創刊に参加して文壇に登場。 兄、武郎の死後は、その実子、森雅之を育てた。 生馬はセザンヌを日本に初めて紹介するなど、画家として日本の美術界で重要な人物。 第二次世界大戦中に佐久市に疎開した縁で1950年に信州新町を訪ね、美しい犀川ダム湖を琅ろうかくこ鶴湖と 命名。信州新町の自然と素朴な人柄に惚れ込み8回も来訪を重ねました。湖畔に立つ赤い壁の西洋建築 有島生馬記念館は生馬のアトリエだったもの、琅鶴湖を見渡すラウンジに立つと、画家が好んだ静謐な空気 や山里の風情を感じることができます。 1906年(明治39年)欧州に留学、ローマ、パリで学ぶ。セザンヌ回顧展で大きな感銘を受ける。 1911年 文展に入選 1914年 二科会創立に加わる。 1935年 帝国美術院会員となる。 1936年 安井曾太郎らとともに一水会設立に参画 1958年 日本美術展覧会(日展)常務理事に就任 1964年 文化功労者 1974年(昭和49年)91歳で死去。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その40 山下新太郎

その40 山下新太郎

山下新太郎(1881年ー1966年)は洋画家で日本芸術院会員です。 幼少時から絵画に親しみ、1901年(明治34年)、画家を志して藤島武二に師事し、同年東京美術学校に 入学。同期に青木繁、熊谷守一、和田三造らがいる。 東京美術学校で油彩画を学んだ新太郎は5年間パリに留学しました。 その間ベラスケスや印象派の画法や色彩に注目し、特にルノワールに深く影響を受けました。 留学時に体得した表現はフランスでも評価され「読書」などにより続けてサロンに入選します。 画家にとって大切なのは手ではない、それは眼だ、眼が画を作るのだ。ルノワールの助言を山下は生涯、 大切にします。みずみずしい色彩と明るい光線が織り成す光と影によって、家族の肖像や気に入った風景 を自然光の下で描き続けました。 1910年(明治43年)帰国。1914年(大正3年)有島生馬、石井柏亭らと二科会結成。1935年(昭和6年)脱退。 1936年(昭和11年)一水会を創立。翌年帝国芸術院会員。 また、絵画制作だけでなく、表具師の家に生まれた山下は留学中に油彩画の修復や額縁にも関心を持ちます。 科学的な知識や修復技術も身に付け、帰国後はわが国油彩画修復の先駆者となりました。 研究成果をまとめた絵の科学はこの分野の古典的な名著とされています。 額縁収集も手がけた彼は、吟味した額に自作品を入れました。今も自分で選んだ額でそのまま飾られている 作品が少なくありません。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その39 和田英作

その39 和田英作

和田英作(1874年ー1959年)は鹿児島県垂水市に生まれた。黒田清輝、藤島武二とは同郷であった。 父親が海軍兵学校英語教師となったことで上京、明治学院に学ぶ。島崎藤村とも同窓であった。 1891年(明治24年)明治学院を中退して曾山幸彦、原田直次郎に本格的に洋画を学ぶ。 1894年黒田清輝らの指導する天真道場に入る。それまでの明治美術会系の暗い画面を捨てて、黒田清輝 に見られる明るい色彩の効果を貪欲に追求するようになる。 1896年(明治29年)白馬会結成に加わる。同年開設された東京美術学校西洋画科の助教授に招聘 される。 1897年ウイーン出身のコレクター、アドルフフィッシャーに日本国内の美術品収集の手助けをし、収集した 美術品の整理目録化も行う。この収集した600余点がウイーン分離派の第6回展(日本美術展)で公開された。 1900年(明治33年)文部省留学生に選ばれ、パリに行き、ラファエルコランに師事している。 日本からやってきた浅井忠と合流して共同生活を始める。 1902年に思郷でルサロンに入選。五姓田義松、藤雅三、黒田清輝に次ぐ快挙となった。 1903年(明治36年)に帰国。滞欧中にウジェーヌグラッセについて学んだデザイナーとしての才能も アールヌーボーのスタイルとして発揮した。 1932年(昭和7年)文化勲章受賞。 1959年(昭和34年)静岡県清水市で死去。享年84歳。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その38 金山平三

その38 金山平三

金山平三(1883年ー1964年)は大正、昭和の洋画家。 兵庫県神戸市生まれ。黒田清輝らに師事し、東京美術学校西洋画科を首席で卒業。助手として大学に残る。 28歳から31歳までパリを拠点にヨーロッパ各地へ写生旅行に行く。 この頃のパリには満谷国四郎、藤田嗣治、安井曾太郎、梅原龍三郎、小島虎次郎、足立源一郎など多くの 画家が滞在していました。 帰国後、文展初出品で特選第二席、翌年(1917年)「氷すべり」で特選第一席など官設展で受賞を重ねる。 36歳で帝展審査員に選ばれる。 また同年、後の平三の妻となる牧田らくと出合います。 らくは当時、東北帝国大学に在籍しており、国内初の女性理学士となりました。 平三はヨーロッパ同様、日本国内各地へ出かけ、日本の風景を卓越した技法で描きました。 山梨県勝沼、栃木県塩原、箱根、御殿場などを訪問しています。 1923年、はじめて山形県大石田を訪れ、47年から大石田が生活の中心となりました。 当地を描いた「雪景色」は日本人が見た日本の風景」として高く評価されました。 優れた色彩表現と安定した画面構成によって、日本の風景を描きました。 また画材を厳選するなど、生涯を通じて油彩画のマチエールを探求しました。 平三は1964年に帰らぬ人となりましたが、遺志によって叙位、叙勲も全て辞退。最後まで絵を描くこと だけに人生を捧げた孤高の画家といえるでしょう。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その37 海老原喜之助

その37 海老原喜之助

海老原喜之助(1904年ー1970年)は鹿児島県出身の洋画家。大正末期から昭和にかけてフランスと日本 で活躍した。鮮やかな青の色彩を多用、馬をモチーフにした作品を数多く制作した。 鹿児島市の中学校卒業後、上京してアテネフランセでフランス語を学びながら、川端画学校で絵画を学ぶ。 1923年(大正12年)19歳で渡仏、パリで創作活動していた藤田嗣治に師事。パリから出品した作品が 第10回二科展に初入選、翌年にはサロンドートンヌに初入選する。 1927年(昭和2年)フランスの画商アンリピエールロシェと契約して、「窓(カンヌ)」「姉妹ねむる」 「サーカス」を制作。翌年にはニューヨークで初の個展開催。 この頃からフランドル絵画に影響されて青を基調とした雪景の連作を描き始める。 1934年(昭和9年)帰国して日本で初個展。翌年独立美術協会会員に迎えられる。 1940年(昭和15年)日本大学専門部芸術科美術科講師となる。 1943年日大講師を辞して熊本県水俣市に疎開、その後人吉市に移る。 1950年(昭和25年)第1回南日本文化賞を受賞。後に熊本市に移転、海老原美術研究所を創立。 九州を本拠に創作活動を続け、1966年(昭和41年)から断続的に渡仏。 1968年(昭和43年)に藤田が死去した時には彼の葬式を取り仕切った。 その後はヨーロッパで創作活動を継続したが帰国を目前とした1970年、癌のためパリで死去。享年66歳。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その36 三岸好太郎

その36 三岸好太郎

三岸好太郎(1903年ー1934年)は北海道札幌市出身の洋画家です。戦前のモダニズムを代表する 画家の一人。画家の三岸節子(旧姓吉田)は妻。作家の子母沢寛は異父兄。 1921年札幌第一中学校を卒業後、画家を志して上京。 1923年第1回春陽展に入選。翌年第2回春陽展に「兄及び彼の長女」を出品、春陽会賞を受賞。 同年、画家の吉田節子と結婚。 アンリルソー風の素朴な画風から出発した三岸は、岸田劉生の東洋趣味への傾注を経て、中国旅行(1926年) の体験を元にしたエキゾティックでロマンティズム溢れる画風に転じた。 1930年福沢一郎らと独立美術協会の結成に参加。面の男など道化をモチーフにした作品を多く発表。 この頃からジョルジョルオー風のフォーヴィズムの影響が顕著になる。 1932年に開催された巴里東京新興美術同盟展に衝撃を受け、その画風は前衛主義に急速に接近していく。 抽象形態を構成したコンポジションや線条様式のオーケストラなどを試作し、その後シュルレアリズムに 移行、1934年に「蝶と貝殻」シリーズを発表。中でも「海と射光」は晩年の代表作である。 同年7月旅行先の名古屋で胃潰瘍で吐血、31歳の短い生涯を終えた。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その35 小磯良平

その35小磯良平

小磯良平(1903年ー1988年)は昭和期に活躍した洋画家です。肖像画、特に群像を多く手がけた。 親しみやすい女性像を中心としながら、西洋絵画の伝統の中に、市民的でモダンな感覚と気品あふれる画風を 完成した画家でした。 1903年貿易に携わっていた岸上家の8人兄弟姉妹の次男として、神戸市中山手通りに生まれる。 兵庫県立第二神戸中学校から東京美術学校西洋画科に進み、猪熊弦一郎、岡田謙蔵、荻須高徳らと共に学ぶ。 在学中に兄妹が帝展入選(1925年)、T嬢の像(1926年)帝展特選を果たす。 首席で卒業後1928年、フランスに留学。 ルーブル美術館のパオロヴェロネーゼ作「カナの婚礼」に衝撃を受け、群像表現を極めることを生涯のテーマ とする。 1936年帰国後、新制作派協会の結成に加わる。 1938年から1年間藤田嗣治らとともに陸軍省嘱託で従軍画家として中国に渡り、帰国後戦争画を制作した。 1941年に群像画の傑作「娘子関を征く」と「斉唱」を発表。 戦後は東京芸大教授などを努めて、後進の指導にあたった。 1942年 第1回芸術院賞受賞             1979年     文化功労賞
1982年 日本芸術院会員
1983年 文化勲章受賞
兵庫県内に2つの小磯良平個人美術館がある。
兵庫県立美術館小磯良平記念室
神戸市立小磯記念美術館

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その34 野田英夫

その34 野田英夫

野田英夫(1908年ー1939年)、洋画家。 1908年(明治41年)アメリカカリフォルニア州サンタクララで、熊本県出身でアメリカへ移民した 野田英太郎の次男として生まれる。 旧制熊本県立熊本中学校卒業後の渡米、ニューヨークに出て、ウッドストック芸術村に住んで、 アーススチューデンツリーグ教授アーノルドブランチの支援を受け、壁画、テンペラ画を研究した。 1933年(昭和8年)ニューヨークでディエゴリベラの壁画制作の助手を努めたが、翌年には日本に帰国、 二科会に出品した。 リベラは野田の才能を認め、1934年ニューヨークのロックフェラーセンターで3枚の壁画を制作した 際にも野田を助手にしています。野田はリベラの描画技法と芸術思想に大きな影響を受けたようです。 そしてこの年の暮れに一時帰国し、二科展や個展で作品を発表する傍ら、西銀座7丁目のバーコットンクラブ の壁画制作の注文を受け、制作しています。この壁画は戦災で消失しています。 野田英夫は、わずか30歳で亡くなりました。そのため、現在油絵は30数点しか所在が確認されていません。 しかし、そのどれもが密度の高い充実した作品となっています。 混ざり合い深みのある色彩、独特の線、夢の中にいるかのような画面構成。才能豊かなこの画家が、もし 長生きしていたらどんな展開があったのでしょうか。

 

 

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その33 里見勝蔵

その33 里見勝蔵

里見勝蔵(1895年ー1981年)は京都市の四条高倉に生まれる。 明治から大正、昭和にまたがる洋画家です。 1913年(大正2年)関西美術院で鹿子木孟郎に学び、翌年東京美術学校に入学。 1917年在学中に第4回に科展と第4回院展に初入選する。 1921年卒業後渡仏してヴェラマンクに師事する。 1925年(大正14年)帰国。第12回二科展に渡欧作品を発表し、樗牛賞を受賞。 1926年前田寛治、佐伯祐三らと1930年協会を結成。 1929年1930年協会を離れ二科会会員となるが翌年退会。独立美術協会創立に参加。 以後、独立展に出品。1937年同協会を退会。無所属となる。 1954年(昭和29年)国画会に迎えられて会員になる。 1958年(昭和33年)再び渡欧、ヴェラマンクに再会した。 ヴェラマンク譲りの奔放な筆致、明暗の強い対比を見せる表現で、日本的フォーヴの運動を手動した。 里見はヴェラマンクの様式模倣によって自己の芸術の確立を目指そうとしていた。 従って、滞欧から帰国直後の作品にはヴェラマンクの作風が混在していた。 その後はヴェラマンクの作風の影響を脱して、フォーブの純良な作風に近づくとともに、キュビズム 風のプリミティヴな形態志向や、デユフィにも似た洒脱な形態感覚を見せている。

新着