デッサンと形(造形)その4 デッサン力をつけるコツ

絵をうまく描くためにはデッサンの力を身につけなければなりません。
しかし、練習方法が分からない、人のマネではおもしろくない、絵がうまくならない。
そういう場面が出てきます。
初心者を対象にした、デッサンスクールや絵画教室、参考書、ネットの情報など多くの学びの手段があります。
そしてその指導法もまちまちです。
自分に適した教室や教本を探し出すことは至難の業です。
そうした教室や教本はほとんど基本や基礎を教えることが主体で本当のコツやポイントはなかなか教えてくれません。
場合によっては教師の描きかたをそのまま教えている場合もあります。
学びたい人の個性や感性はほとんど無視されます。
自分なりの描きかたを勉強したいのであれば、そうしたところでは徹底的に基本のみを習得ことに心がける必要
があります。これも習得のコツです。やがて自分なりの練習方法が見えてきます。そこにいつでも眼中において独自の練習方法を作って
いきましょう。
デッサンも個性がよく出る芸術です。個性を大事にしましょう。
デッサンのコツはこの後に述べる静物デッサン、石膏デッサン、人物デッサンなどの基本的なことを体得することが
デッサン力をつける大事なコツとなります。

2014年2月26日 デッサンと形(造形)その4 デッサン力をつけるコツ はコメントを受け付けていません。 デッサンと形