15)19-20世紀の美術運動 その2 アールヌーヴォー

その2 アールヌーヴォー

アールヌーヴォーは19世紀末から20世紀初頭(1890年ー1905年)にかけてヨーロッパを中心に開花した 国際的な美術運動です。新しい芸術を意味する。 花や植物などの有機的なモチーフや自由曲線の組み合わせによる従来の様式に囚われない装飾性や、鉄や、ガラス といった当時の新素材の利用などが特徴です。 分野としては建築、絵画、工芸、グラフィックデザインなど多岐にわたっています。

第1次世界大戦を境に、装飾を否定する低コストなモダンデザインが普及するようになると、アールデコへの 移行が起き。アールヌーヴォーは一旦衰退します。 しかし1960年代のアメリカでアールヌーヴォーのリバイバルが起こって、その豊かな装飾性、個性的な造形 の再評価が進み、新古典主義とモダニズムの架け橋と考えられるようになった。 ブリュッセルやリガ歴史地区のアールヌーヴォー建築群は世界遺産に指定されている。

アールヌーヴォーという言葉はパリの美術商、サミュエルビングの店の名前から出ている。 アールヌーヴォーの理論的な先駆はヴィクトリア朝イギリスのアーツ&クラフツ運動である。 アールヌーヴォーのモチーフは花、草、樹木、昆虫、動物などである。これらを住居の中に美を取り入れる だけでなく、自然界にある美的な感覚を気づかせることになった。 また鉄の使用は建築物の高層化を可能にし、摩天楼を実現するに至った。 アールヌーヴォーの画家としてはナンシー派運動のメンバーであったルイギンゴ、他にアンリベルリデフォンテーヌ、 ジュールシェレ、ジョルジョドフールなどがいる。 スイスのアンドレエヴァールもその1人である。

新着

15)19-20世紀の美術運動 その1 アーツ&クラフトムーブメント

その1 アーツ&クラフトムーブメント(Arts and Crafts Movemennt)

アーツアンドクラフツ運動はイギリスの詩人、思想家、デザイナーであるウイルアムモリス(1834年ー1896年) が主導したデザイン運動、美術工芸運動である。 この後に起きた、19世紀末から20世紀初頭にかけてのヨーロッパの美術運動アールヌーボーに影響を与える ことになる。 ヴィクトリア朝の時代、産業革命の結果として大量生産による安価な、しかし粗悪な商品があふれていた。 モリスはこうした状況を批判して、中世の手仕事に帰り、生活と芸術を統一することを主張した。 モリス商会を設立し、装飾された書籍(ケルムスコットプレス)やインテリア製品(壁紙、家具、ステンドグラス) などを制作した。 モリス商会の製品自体は結局高価なものになってしまい、裕福な階層しか使えなかったが、生活と芸術を一致 させようとしたモリスの思想は各国にも大きな刺激を与え、アールヌーボー、ウイーン分離派、ユーゲント シュティールなど各国の美術運動にその影響が見られる。 日本の柳宗悦(1889年ー1961年民芸運動を起こした日本の思想家、美学者、宗教哲学者)もトルストイ の近代批判の影響から出発して、モリスの運動に共感し、1927年かってのモリスが活動していた ケルムスコットを訪ねた。 柳の民芸運動は日用品の中に美を見出そうとするもので、日本独自のものであるが、アーツ&クラフツの影響 も見られる。

 

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その50 荻須高徳

その50 荻須高徳

荻須高徳(1901年ー1986年)は大正、昭和期の洋画家で愛知県稲沢市生まれです。 東京美術学校では小磯良平と同期生。新制作協会会員。 1927年東京美術学校を卒業後、渡欧。 美術学校の先輩であった佐伯祐三に導かれてパリの街角で絵を描き始める。 以来、生涯、主にパリという都市にモチーフを求め続けることになる。 だが同じようにパリを描いたヴェラマンク、ユトリロや佐伯と異なり、荻須は情感、文学的香り、詩情 を前面に押し出す事を離れて、パリを探索し、そこでその都度発見した街並みや建造物のつくる構成、 形、色、マチエールを、おもしろさを、自らの視覚でとらえて再構築し、それらを重厚、堅牢で時と してモニュメンタルな画風へ高めるという造形主義の姿勢をとった。 この点では、荻須は、レンプラント、セザンヌ、などのヨーロッパの画家たちの築き上げてきた技法と その背後にある、精神の伝統のひとつを消化しえた、数少ない日本人画家のひとりであった。 荻須は、日本人的情感、を盛り込むことなく、西洋絵画の伝統を土台とし、ヨーロッパの事物のみを 扱いながら造り上げた自らの造形世界を日本人のみならず、ヨーロッパ人に向けて提示し続けた。 この作家は明治以来の滞欧作家たちの中で、短期間の滞在後、日本で作品を発表した、いわゆる 留学型作家に対して、海外に活動の拠点を置いた、定住型作家と呼ばれた人々の中でも特異であり、 日本人作家の国際化の先駆けのひとつである。

 

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その49 岡田謙三

その49 岡田謙三

岡田謙三(1902年(明治35年)-1982年(昭和57年))は横浜で生まれた洋画家です。 東京美術学校を中退して1924年に渡仏。4年間過ごす。 帰国後二科展を中心に制作活動を行い、戦後日本の主要画家の1人とされながらも名声と実績の全てを 捨てて1950年に渡米。 ヴェネチアビエンナーレ、ピッツバーグ国際美術展など多くの美術展で受賞を重ね、全米優秀芸術家に 二度選出される。 48歳の時にニューヨークに渡って、いわばアメリカンドリームを遂げた画家である。 渡米前は人気作家の証である、新聞の連載小説の挿絵や雑誌の表紙絵などを多く手がけて、生活も安定 していた。 アメリカでは文字通りゼロからの再出発を図ったのである。 アメリカの新しい絵画の動向をのぞいてみようといった軽い関心ではなく、自分の絵画をさらに進める ためにはゼロから立てなおさなければなたない、という決意であり決断だった。 具象の絵を惰性で描いているようで耐えられなくなった。描くことに食欲がなくなった。パリに行くのも いいが、そこにはいつも背広を着ていなくてはならない、日本に似た堅苦しい伝統がある。 そんな伝統のないアメリカでゼロからやり直したいーー(本人弁) 謙三は渡ったニューヨークで一大転換を成し遂げる。そこで画壇を席捲していた抽象表現主義に触発 されて、新たな表現手法を得て、全米優秀芸術家に1人に挙げられるほどになる。 画家を志した初心を貫き通して獲得した大いなる実りだった。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その48 猪熊弦一郎

その48 猪熊弦一郎

猪熊弦一郎(1902年ー1993年)は昭和期の洋画家です。 新制作協会創立会員。 丸亀市の猪熊弦一郎現代美術館に彼の作品が常設展示されている。 建築家丹下健三が設計した香川県庁舎の壁画は弦一郎作。 1902年高松市で生まれる。丸亀市に転居。旧制丸亀中学校卒業後、東京美術学校洋画科に入学。 藤島武二に師事。 1926年「婦人像」で帝展初入選。その後「座像」で特選。無鑑査となる。 1936年帝展改組をきっかけに小磯良平、脇田和らと新制作派協会を設立。 1938年渡仏、アンリマティスの指導を受ける。自らの画風を模索するが、なかなかマティスの影響から 抜け出せなかった。 1940年第2次世界大戦勃発、避難船白山丸で帰国。 終戦後、田園調布純粋美術研究室を発足させ、後進の指導にあたる。 1955年活動の拠点をニューヨークに移し、マークロスコ、イサムノグチなど様々な著名人と交友関係 を持つ。 1973年脳血栓で倒れて、ニューヨークを離れ、1975年から温暖なハワイで冬を過ごし、創作活動 を続けた。 1980年勲三等瑞宝章を受章。 1993年 祝90祭猪熊弦一郎展で第34回毎日美術賞を受賞する。 1993年急逝。享年90歳。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その47 木下義謙

その47 木下義謙

木下義謙(1898年(明治31年)-1996年(平成8年))は和歌山県出身の洋画家です。 一水会創立会員、女子美術大学名誉教授。 父友三郎は法制局参事官、明治大学校長、学長を歴任した。 義謙は大正4年(1915年)学習院中等科卒業後、東京高等工業学校機械科に入学、卒業。翌年から 同校助教授となった。油彩画は独学で始めた。 大正10年第8回二科展に初入選。同時に独学で油彩画を勉強していた兄孝則も初入選した。 その後は二科展に出品をつづけ、大正15年の第13回展では「N氏の肖像」など出品、二科賞受賞。 また、萬鉄五郎、小林徳三郎が中心となって結成された円鳥会に参加。 大正12年の第1回展から第4回展まで出品。大正15年に結成された1930年協会の会員となる。 昭和3年(1928年)から7年まで渡仏、パリで制作し、サロンドートンヌなどに出品。 帰朝した年の第19回二科展には滞欧作品36点が特別展示された。 昭和11年二科会会員を辞退。 同年、石井柏亭、安井曾太郎、兄の孝則とともに一水会を結成した。 戦後は一水会や日展に出品をつづける。 昭和22年からは女子美術専門学校の教授となり後進の指導にあたった。 昭和25年「太平街道」により芸能選奨文部大臣賞受賞。 またこの年より陶芸制作をはじめ、その後しばしば一水会展に油彩画とともに陶芸作品を出品するよう になった。同33年には硲伊之助とともに一水会に陶芸部を創設した。 昭和54年勲三等瑞宝章受賞。翌年 和歌山県文化功労賞受賞。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その46 小山敬三

その46 小山敬三

小山敬三(1897年ー1987年)は昭和期の洋画家です。 フランス人と国際結婚したことでも知られている。 衆議院議員、初代小諸市長を勤めた小山邦太郎は兄。 小山敬三は小山久左衛門の三男として小諸に生まれ、慶応大学予科に入学。父は小諸城下の豪商、商家。 1916年(大正5年)父の反対を押し切り、画家になるため慶応大学を中退、川端画学校で藤島武二に師事。 1920年島崎藤村のすすめで渡仏。アカデミーコラロッシでシャルルゲランに油絵を学ぶ。 1928年帰国、神奈川県茅ヶ崎にアトリエを構える。 1936年(昭和11年)有島生馬、山下新太郎らと一水会を結成。 1958年日本芸術院賞受賞。 1960年日本芸術院会員。 1970年文化功労者。 1975年(昭和50年)文化勲章受賞。 長野県小諸市に小諸市立小山敬三美術館があります。 小諸市出身の小山敬三の個人美術館です。小山敬三が建築家村野藤吾に設計依頼した建物と所蔵作品を小諸市 に寄贈して、1975年に開館しました。館に隣接して、旧居宅兼アトリエが移築されて、記念館として 公開されています。 1985年(昭和45年)私財2億円を寄贈し小山敬三美術振興財団を設立、中堅の洋画家を対象にした 小山敬三賞の授与と油彩画修復技術家の留学奨励を行った(2006年解散)

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その45 硲伊之助

その45 硲伊之助

硲伊之助(1895年ー1977年)は東京生まれの洋画家、陶芸家。 1912年 第1回ヒュウザン会展に水彩画を出品。 1914年第1回二科展に出品、二科賞受賞。 1926年春陽会会員に推挙。 1928年 ロゾラン、アデリア、エルビラ(イタリア系フランス人)と結婚。 フランスから帰国後日本版画協会創立に参加。 1933年二科会会員に推挙。春陽会退会後、再度フランスに渡る。 1936年二科会退会。一水会の創立に参加。 戦前からフランスの画家の画集の解説を書き、多数の美術エッセイを記した。 戦後は日本美術界の委員長として活躍する傍ら、美術手帖、アトリエ、美術批評、芸術新潮などの 美術系雑誌と群像、中央公論、文芸春秋、世界、などに名画解説やエッセイを発表。 硲伊之助は26歳の時から通算約15年間滞欧しています。 その間、マチスに師事し、絵を見てもらう機会を得て、西洋画について本格的に学び、油彩画、石版画 以外に多色刷木版画を制作しました。 晩年、古九谷に出合い、現在の石川県加賀に窯(九谷吸坂窯)を造り、東京から移住し、九谷焼を制作 しました。1977年同地で没す。 硲伊之助は生涯一貫して色彩の調和を追及しました。 硲伊之助作品は古九谷の価値やその現代的意義について語ってくれています。

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その44 木下孝則

その44 木下孝則

木下孝則(1894年-1973年)大正ー昭和期の洋画家。写実的な女性像を得意とした。戦後の一連の バレリーナの作品で知られた。 明治27年(1894年)東京に生まれる。 大正7-8年 京都帝大、東京帝大哲学科を中退。 大正10年(1921年)第8回二科展で初入選。洋画研究のため渡仏。 大正12年帰国。翌13年二科会展で樗牛賞受賞。大正14年(1925年)二科賞受賞。 昭和元年(1926年)前田寛治、佐伯祐三、里見勝蔵、小島善太郎らと1930年協会を設立。 昭和2年 春陽会会員に推挙、 昭和3年 34歳で渡仏。以後帰国するまでサロンドートンヌに出品。 昭和5年 春陽会退会。 昭和10年 帰国 昭和11年 42歳で二科会会員に推挙され、滞欧作品19点を特別展示されるが、小山敬三らと同年退会。 昭和11年(1936年)一水会創立に参加。以後一水会展に出品。戦後は日展評議員もつとめる。 一貫して都会の洗練された婦人像を描き、穏健な写実家として知られた。 作品にN嬢像、後ろ向きの裸像、バレーダンサー、などがある。一水会の結成時の作品として、「I氏肖像」 東京国立近代美術館所蔵「T令嬢像」京都市美術館所蔵、がある。 昭和48年(1973年)横浜市で没、享年79歳。

 

新着

14)日本の洋画黎明期の画家たち その43 石井伯亭

その43 石井柏亭

石井柏亭(1882年ー1958年)は日本の版画家、洋画家、美術評論家。 明治15年(1882年)東京都台東区に生まれ、父は日本画の石井鼎湖、弟は彫刻家の石井鶴三。 明治30年(1897年)浅井忠に入門して油絵を学ぶ。 明治33年(1900年)結城素明らが自然主義を標榜して結成した天声会に参加、新日本画運動を推進。 明治35年(1902年)太平洋画会に参加。 明治37年(1904年)東京美術学校洋画科に入学するが、眼病のため中退。 明治40年(1907年)山本鼎とともに美術雑誌方寸を創刊、近代創作版画運動の先駆をなした。 明治43年(1910年)ヨーロッパに外遊。帰国後大正2年(1913年)日本水彩画会を創立。 大正3年(1914年)有島生馬らとともに二科会を結成。 大正11年(1922年)東京帝国大学工学部講師。西村伊作が創立した文化学院で教壇にたつ。 昭和3年(1928年)フランス政府よりジオンドヌール勲章受賞。翌4年中央美術を創刊。 昭和10年(1935年)帝国美術院会員となり、二科会を辞す。 昭和11年(1936年)一水会を結成 昭和12年帝国芸術院会員 代表作「ウイーン」水彩は静岡県立美術館に所蔵。 東京十二景の連作(木版画)は和歌山県立近代美術館に所蔵されている。

新着