色の知識その1 色と名称(名称と意味)

油絵具は基本的に赤、青、黄色の3原色に白を含めた4色があればほとんどの色が作れます。 又、その4色のみでパレット上で好みの色を作って作品を作っている画家もいます。

一般的には原色、混色、合わせて200種類以上の色の種類からモチーフに合った、又は 自らの感性や好みで選択して描くことになります。

とてもここでは全ての色の紹介はできませんが、代表的な色のみを紹介します。 ここのあげる代表的な色を知って、徐徐にその前後の色も覚えて、使い方を勉強して欲しい。 絵具は赤系統のものが最も多く、緑系統がそれに続きます。

赤系統
クリムソンレーキ:青みの強い透明な淡紅色
カドミュームレッド:明度彩度が強い、不透明な色
バーミリオン:朱色、日光が当たると黒ずむ、硫化水銀でできている、価格高い

紫系統
コバルトバイオレット:コバルトを使った透明な赤味のある紫色、価格高い
ミネラルバイオレット:鉱物性の紫、燐酸マンガンを使用、毒性あり

黄系統
パーマネントイエロー:普通の黄色、耐光性高い、価格安い
カドミュームイエロー:硫化カドミュームからできている

青系統
コバルトブルー:アルミン酸コバルトが主成分、丈夫な色、価格少し高め
セルリアンブルー:紫味のない空色、錫酸コバルトからできている、丈夫な色、高い

緑系統
ピリジャン:透明で鮮やかな冷たい緑色
コバルトグリーン:青みのある半透明な色、酸化コバルト、酸化亜鉛からできている

茶系統
ローアンバー:緑かかったこげ茶色
バーントシェンナ:赤味かかった透明な茶色

白系統
パーマネントホワイト:従来のホワイトの毒性や混色制限を改善した色

黒系統
アイボリーブラック:着色力の強い暖色系の赤味の黒、乾燥遅い

色の知識その1 色と名称(透明性、不透明性)

油絵具の性質として、透明性が高い絵具、とか低い絵具とかか、よく言われている。
知識として知っておくと便利である。
油絵具は乾性油が空気中の酸素と結合して固化する。
油絵具の酸化による硬化を一般的に乾燥と呼ぶ。
乾燥時間が水彩絵具より長く、数日間を要する。
透明性とは透明な性質のことであり、不透明性とは不透明な性質のことである。
油絵具は乾性油の屈折率の高さから、大体において透明性が高い。
しかし透明水彩絵具とは透明性の原理が異なるために同一ではない。
透明性の高い絵具の顔料はアリザリンレーキなどのレーキ顔料、アントラキノン、フタロシアニン、
キナクリドン、などの有機顔料がある。
有機顔料は基本的に透明性が高く、オーレオリン、ピリジャン、マンガン青、合成ウルトラマリン
などもある。
又、透明色に不透明の白色を混合すれば不透明色となる。
不透明性の顔料としては、バーミリオン、カドミュームレッド、カドミュームイエロー、
コバルトターコイズ、セルリアンブルー、チタニュームホワイト、などがある。
油絵具の黄変性について
市販のチューブ入り油絵具で、比較的に安価なものは乾燥にしたがって、絵具が黄味、赤味になる
ものがある。
白色などの明るい色は大体は芥子油などを乾性油として作られている。
但し芥子油は黄変性は弱いが乾燥が遅く、塗膜が比較的に弱い、
もう1つ、亜麻仁油を乾性油とする絵具は黄変性が強い。しかし乾燥が速く、堅牢な塗膜をつくる。

色の知識その1 色と名称(油絵具の組成)

油絵具は顔料と乾性油から作られる。
市販されている絵具は顔料と乾性油に乾燥促進剤や樹脂などの溶剤を混ぜて作られる。
油絵具はこの乾性油が酸化して硬化することにより絵具が定着する。
最近では界面活性剤を添加したものが販売されており、水で希釈することができる可水溶性絵具
も販売されている。
顔料は不溶性色素(水や油に溶けない)といって、鉱物、石油、空気などから製造される。
顔料は有機顔料と無機顔料に分類される。
有機顔料は分子構造中に炭素を含む化合物。
無機顔料は分子構造中に炭素を含まない化合物。
である。(一部例外もある)
有機顔料を構成する元素は水素、炭素、窒素、酸素が主である。
この他にフッ素、塩素、臭素、ヨウ素を含むものもある。
無機顔料を構成する元素はナトリューム、マグネシューム、アルミニューム、チタニューム、
バナジューム、クロム、マンガン、鉄などの金属元素と、酸素、硫黄、窒素、水素、などの
非金属元素からなる。
油絵具の毒性
市販されている油絵具は通常で使用される場合にはほとんど問題はない。
がしかし知識として知っておくべき事柄である。
鉛、六価クロム、カドミウム、水銀、コバルトなどの重金属を含む有機顔料、有機溶剤は重金属障害
の原因となる。
有機顔料、有機溶剤は発がん性がある。